大黒軒ちゃんぽん麺 (大黒食品)

久しぶりに ひらせいホームセンターに行って見つけました。
画像

 昨年9月にサッポロ一番とチャルメラで、11月には日清ラーメン屋さんでちゃんぽん味が発売されました。いよいよ中小メーカーからも発売されるほどのちゃんぽんブームになっているのでしょうか。
 1980年代中頃にちょっと高級なインスタントラーメンブームがあって このときには明星の中華三昧が先駆けで 楊夫人(ハウス)、桃李居(サンヨー食品)、華味餐庁(東洋水産)、麺皇(日清)と大手各社がこぞって発売し さらに美味中華(アカギ)やコープなども加わり 話題となりました。その後 レトルトの具のついた箱入りラーメンへとエスカレートしていきました。限定発売でひと箱1,000円の物までありました。友人間では楊夫人が評判が良かったのですが 結局 中華三昧のみ定番として定着しました。 はたしてちゃんぽん味はどれが定番として生き残っていくのでしょうか。

 サッポロ一番 ちゃんぽん (サンヨー食品)
画像

 これまでも各メーカーで散発的にちゃんぽ味は発売されたりしていたのですが 数回(私の記憶では2回ほど)発売するも定番になれなかった明星の画像をひとつ。

 1996年(平成8年)発売の「チャルメラ 長崎ちゃんぽん」です。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック